UNEA 5ブリーフィングシリーズ:化学的な「リサイクル」とプラスチックから燃料へ

-ケミカルリサイクル-

立法者や市民社会からのプラスチック生産の削減と機械的リサイクルの限界に対する認識の高まりに直面して、石油化学業界はプラスチック汚染の主要な解決策として化学物質の「リサイクル」と「プラスチックから燃料へ」を売り込んでいます。 しかし、数十億ドルと数十年の開発の後、これらのアプローチは宣伝どおりに機能しません。 プラスチック条約は、これらの業界が支援する誤った解決策を採用する場合、損なわれることになります。